ブアメラは子宮頚部がんを予防できるか


子宮頚部がん
(Cervical Atypical Squamous Cell Carcinoma)
ブアメラのクリプトキサンチンが予防・改善

子宮頚部がん(Cervical Atypical Squamous Cell Carcinoma) のワクチン摂取が始まり、ワクチンのよる副作用に悩む若い多くの女性を生み出したのが、日本の厚生行政。

子宮頚部がんは、子宮頚部非定型性扁平上皮がん(ASCUS)と呼ばれます。
昔は粘膜内腫瘍といわれ、がんなのか炎症性変化なのか区別ができない病変です(ほとんどは炎症と思われます)。

子宮頚部がん

発生部位
子宮の入り口(頚部)の頭部の扁平上皮細胞から発生します。
一方、子宮体部がんは、子宮内にできるがんです。

原因
子宮頚部がんは、若年での性交開始や性交相手の多さが影響すると言われています。
(一方、子宮体部がんはホルモンの影響によって発生すると考えられます)

ヒト乳頭腫(パピローマ)ウイルス感染が関係している場合が多いと考えられています。

経過と特徴
多くは、がんの前段階である異形成という、正常の細胞とは異なる様子のを呈する時期を経て、がんになります。
異形成は、30歳代に多く、そのまま放置していても大部分は消えてなくなります。
最初は、上皮内がんといって、子宮頚部の表皮の上皮内に留まり、単純な炎症と考えられます。

しかし、ある場合は異形成の段階から消えずに残り、40歳代でがん化します。
進行すると周囲の組織に広がってゆきます(浸潤、転移)。

症状
上皮内がんまでは何ら症状はありません。
がん化して周囲組織に浸潤した場合は、性交時に異常な出血を伴うこともあります。

進行
0期からIV期に分類されています。

0期:細胞のがん化が表層上皮の細胞層に留まっている上皮内がん。
I期:がん細胞が子宮頚部に留まっているもの。
II期:がん細胞が子宮頚部を超えて広がるが、骨盤壁や膣壁の下1/3には達していないもの。
III期:子宮周辺組織に広がったがんが、骨盤壁にまで達し、がんと骨盤壁戸の間に隙間がないもの。
また、がんが膣壁の下1/3に達したもの。
IV期:がんが膀胱や直腸粘膜に浸潤するか、恥骨と仙骨の間の内空を越えて広がるもの。

(I~IV期は進行の具合によって細分化される)

治療
早期がんである上皮内がんの場合は、手術やレーザー治療を受ければ、ほとんどの場合治癒します。
浸潤がんでは手術が必要で、手術ができない場合は放射線治療が奏功する場合が多い。
放射線治療は、生活の質を維持することができ、現在治療の中心となっています。

参考:病気の地図帳、山口和克監修、講談社

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

子宮頚部がんはブアメラで予防・改善が期待できるか?


子宮頚部がんと微量栄養素、カロテノイドの摂取、血中濃度との関係が注目されています。
ハワイで行われた臨床疫学試験の成績をお示ししましょう。

ASCUS患者185名の血中微量栄養素レベルとASCUSの程度を正常な女性191名と比較しました。その結果、総(アルファとベータ)クリプトキサンチンとビタミンEの血中濃度の高い女性は、扁平上皮がん発生リスクを抑えることが確認されました。

ブアメラにもアルファ・クリプトキサンチンとベータ・クリプトキサンチンが豊富に含まれています。
アルファ・クリプトキサンチンの生理作用はほとんど知られていませんが、両クリプトキサンチンが予防医学的に重要な栄養素であることが推測できます。

 

この論文は、Asian Pac. J Cancer Prev. 2000:1(4):337-345に掲載されています。

 

アルファー、ベータ・クリプトキサンチン豊富で、ビタミンEを強化したブアメラ500VEは、
子宮頚部がんの発症に予防効果が期待できる栄養機能食品です。

α‐およびβ‐クリプトキサンチンの摂取が、子宮頚部がん発生の予防となり、
さらに治療にも使用できるのではと期待されます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA