ブアメラの植物学

ブアメラの植物学

さて、ようやくブアメラ果実の話ができます。
日本のほとんどの方が赤い果実「ブアメラ」についてはご存じありません。

未開の地と行っても過言でない赤道直下の南半球に浮かぶ世界第二の大きな島パプア島にしかない稀少な植物ですから、知らないのは当然です。
ブアメラはタコノキ科の植物、学名はPandanus conoideus、通名はマリタと呼ばれ、植物分類では以下のようになっています。

種子植物Spermatophyta
亜門 被子植物Angiospermae
単子葉類Monocotyledonae
タコノキ目Pandanales
タコノキ科Pandanaceae
パンダヌスPandanus
パンダヌス・コノイデウス
Pandanus conoideus
現地通名 タウィ Tawi

西垣博士は、日本語名として「アカイタコノキ」と命名しています。

稀少な植物であるため、植物学者や博物学者の目に留まることがなく、英名も日本名もありません。
インドネシア人でさえ、単に色による分類として赤い果実と呼ぶだけです。

パプア島高地がブアメラの原産地だが、先住民は「Watawi(ワタウィ)」とか「Barapen(バラペン)とか呼んでいますが、「Watawi」を略して「Tawi(タウィ)」が最もよく使われる名称です。

赤い果実ブアメラは、巨大なトウモロコシのイメージが最も合うでしょう。

高さ15mにもなるという木に巨大な果実が垂れ下がり、通常1本の木に1~2個の実がつくが、巨木では数個育つこともある。1年に2回収穫できます。
トウモロコシと同じように巨大な実は包葉に包まれ、成熟してくると赤い実が露出してきます。
大きなブアメラは約1m、重さは10kgもなり、表面は5~7角形の幾何学模様が美しく、その中心には種子がわずかに突き出ている。

ブアメラの中はほとんどが白色の芯でできており、かじると甘味を感じ糖分が多くアルコール発酵の原料としても十分に使えそうだ。
水滲出と乾燥で天然の甘味料としても使用できるでしょう。
また、炭水化物に富むため先住民は豚の餌として与えています。

果実の表面には種子が全周に垂直に並び、種子の周りにわずかの赤い果肉がついている。
表面に突き出た部分は日焼けして濃い褐色を呈し、下部は鮮やかな赤い色を呈し、まるで長さ約2cmの種子は鉄砲の砲弾に似ている。

種子にはオイル分が多く、今後の利用への研究が期待されています。

芯と実は繊維でできた絨毯ともいえる花床で別けられ、熱をかけることによって表面の果実部分を花床から容易に剥がすことができる。

ブアメラの横断割面(左)と表面(右)

ブアメラの割面上部の拡大像。
表面に直立する種子は銃弾の形をし、
先端部分は濃褐色で下部は赤色の果肉で被われる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA