ダニ族と栄養機能性食品ブアメラ

赤い果実ブアメラの知らぜざる栄養機能性
パプア先住民の驚くべき智慧

パプア高地の先住民は、少なくとも3万年前に海辺からマラリア感染の危険のため高地に避難したと考えられ、動物性蛋白源である有袋類の狩猟が底をついた後は、ブアメラは微量栄養素の補給と動物性脂肪に代わる貴重な果実となっている。

実際、微量栄養素としてβ-クリプトキサンチンなどのカロテノイド、ビタミンE、ビタミンKや植物ステロールなどが含まれ、ブアメラオイルの脂肪酸組成は人間の体脂肪のそれとほとんど同じである。

現代科学の知識がない当時の先住民は、如何にしてブアメラという果実の機能性を知り、動物性食品の代用としてブアメラを選ぶに至ったのか?
現代人ホモサピエンスが地球上の支配者になった好奇心と挑戦心、そして五感を使っての有用植物を選び出す智慧がブアメラ発見の源泉であろう。

1500世代を経て、今現在私の目の前に赤い果実ブアメラがある。
パプア先住民に感謝と畏敬の念を抱くゆえんです。

ダニ族の主食はヤム、タロやサツマイモの根茎類、それらのツルや葉であり、基本的に蒸し焼きにして食べる。
一年に2度しか収穫できないブアメラは、料理の貴重なソースとなり家族全員でたっぷりと微量栄養素を摂取する。

ブアメラは動物の骨で作ったナイフで長軸に半分に割り、芯を取り除き、バナナの葉で覆って蒸し焼きにする。
そして手で揉んでパルプ(ソース)を作る。

近年ブアメラを住居敷地内に植えることが盛んになり、ホナイの傍にブアメラのこんもりした木々の風景が多くみられる。
支柱根や小枝を切り落とし、挿し木により容易に増やすことができるが、果実収穫までに数年がかかる。
ある地域では山地に多数のブアメラが植林されていた。
言うまでもなく、無農薬・無化学肥料の自然栽培で、国家の有機農産物の認可制度とは無縁である。

ブアメラは貴重な換金できる栄養果実のため、乗合バスの屋根にブアメラを載せ、バリエム渓谷一番の都市ワメナの市場に向かうダニ族には笑顔がみられる。

 

 

 

日本からの不意の客には、タイミングよくブアメラ料理が供された。
イモやシダの葉を蒸し、ブアメラソースで頂いた。
ブアメラ1本は10人分を賄える。

 

 

 

蒸したイモ類をブアメラソースで食べる。
唇はブアメラで赤く染まる。

 

 

 

ブアメラ収穫時期は忙しくもあり、嬉しい豊穣の時。
これから街で販売。

 

 

 

ワメナの公設市場では、ブアメラが売られる。
ダニ族にとっては重要な換金作物であり必須の栄養機能性食品。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA